皮膚疾患をきれいに完治させるための西荻窪の皮膚科を教えます!

皮膚疾患に関する基礎知識

皮膚科?小児科?どっちに駆け込む?皮膚に関する疾患が起きても、何科にかかってよいかわからない方がいるのも事実です。
良く耳にするのは、内科皮膚科どちらに行けばいいのか迷うということ。
そして、お子さんの場合であれば、子どものことだから小児科?と小児科に駆け込んでしまうそうです。

これは皮膚疾患の症状が内科に分類されるのか、皮膚科の分野なのかが、患者さん側にとって曖昧だからではないかと思います。
そこでこちらではどのような皮膚疾患、症状の場合に皮膚科にかかれば良いのかがわかるように、代表的な皮膚疾患を列挙して、説明したいと思います。

代表的な皮膚疾患はコレ

こちらで皆さんにご紹介したい皮膚疾患は以下の11の疾患です。

湿疹・皮膚炎◆湿疹・皮膚炎
症状が酷くなると、かゆくて夜も眠れなくなってしまうことがある湿疹・皮膚炎。軽く考えていると大変なことになってしまいます。
ここでは、どんなケアをしたらいいのか、またどの診療科を受けたらいいのかについて紹介しています。

◆ニキビ
ニキビは生活習慣やストレスとの関わりが大きく、その問題を解消することで予防ができるそうです。
ここでは、予防法や市販薬と皮膚科の治療薬の違いについてまとめてみました。

◆水虫
水虫には色んな種類があることをご存知でしたか?
市販薬が効かなかったという方、なぜ効かなかったのかをこちらのページで確認してみて下さい。
また、もしかしたら水虫かも…と、思われる方、自分の症状がこの疾患なのかをチェックしてみましょう。

治療薬◆アトピー
アレルギー疾患の一つのアトピーですが、子供の場合、小児科に駆け込んでしまうケースもあります。
私は小児科よりもまずは皮膚科に駆け込んで欲しいと思います。その理由について、このページでまとめてみました。

◆いぼ
たかが「いぼ」と放置しないでください。この疾患にはウィルス性のものがあります。そのため、他の場所や他人にまで感染するということもあります。
このページでは、できてしまった「いぼ」がウィルス性なのかを見極めるポイントを紹介したいと思います。

◆魚の目
足に余計な負担をかけてしまう人ほど、できる確率が高い魚の目。
できたばかりだと、それほど痛くないのですが、やがて芯は皮膚の真皮まで伸び、神経を刺激するようになってきます。
ここでは、市販薬で治るのかについてまとめてみました。

やけど◆やけど
「赤くなる、腫れる、水ぶくれになる、痛みが出る」やけどにみられる症状です。
すぐに冷やすことが最も重要ですが、傷痕を残さないためにもうひとつの方法をしておくといいのです。ぜひここのページをお読みくださいね。

◆あせも
症状が悪化すると膿んでしまったり、他のウィルスに二次感染してしまうこともある「あせも」。
そうなってからだと治療に時間が掛かってしまうことをご存知でしょうか?
そうならないための日々のケア法をまとめてみました。

◆じんましん
数時間程度で跡形も無く消えるじんましんは「急性じんましん」。
なかなかブツブツが消えず、消えるまでに一ヶ月以上かかるような場合は「慢性じんましん」です。
ここでは、アレルギー性・そうではない場合、どこの診療科を受診すればいいのか紹介しています。

診察◆とびひ
子供がよくかかる皮膚病の一つとして知られていますが、自然治癒で治るものではありません。
それに他の病気を併発することもあります。治療を確実にするためにどうしたらいいのかをここで紹介します。

◆リンゴ病
空気感染で移る疾患ですが、感染していても症状がない場合もあります。
とくに気を付けたいのは妊婦さんなのですが、どのように予防したら良いのかをここでまとめています。

それぞれのページでは、どのような症状がみられるのか、どのような治療法があるのかをわかりやすく説明しています。
自分の症状がそれぞれの疾患に当てはまるかを確認する上で、お役立て頂けましたら幸いです。

 
西荻窪のおススメ皮膚科ガイド