皮膚疾患をきれいに完治させるための西荻窪の皮膚科を教えます!

いぼ

いぼは医学用語で「疣贅(ゆうぜい)」と言われ、種類も複数あります。

種類はどのくらいあるの?

一般的なクリニックで治療できるものは「尋常性疣贅」と呼ばれるもので、ウィルス性のいぼ、老人性のいぼ(老人性角化症)、魚の目などの刺激によるいぼ(足底疣贅)、性器に出来る性病いぼ、などです。
また、乳幼児に出来る水いぼは「伝染性軟属腫(なんぞくしゅ)」とも呼ばれます。
「水いぼ」とういう名称から「いぼ」の一種だと思われがちですが、感染源となるウィルスが異なるので全く違うものなんです。この他に以下の種類があります。

  • 尋常性疣贅…小さな傷から、ウィルスが感染をして、主に足の裏や指先にできます。治療方法は、液体窒素を用いた冷凍凝固療法を行うのが一般的。
  • 伝染性軟属腫…子供に多く見られ、他人に伝染しやすい特徴があります。
  • 青年性扁平疣贅…手の甲や顔に生じます。かゆみがあります。
  • 脂漏性角化症…加齢と共に現れます。大きくなると、皮膚がんの兆候とも考えられます。
  • 若年性扁平疣贅…手の甲や顔に生じます。治療法としては、内服薬や凍結治療があります。

治療の主な方法は?

皮膚科でいぼの治療をする場合、以下の方法などがあります。

  • 凍結除去法(イボを凍結させて取る方法)
  • 炭酸ガスレーザー治療
  • 電気分解法

いぼも皮膚科で診てもらいましょう凍結除去法は、液体窒素を患部に塗って、組織自体を壊死させる方法です。
炭酸ガスレーザー治療は、レーザー切除する方法で、いぼをきれいに治したい方にお勧めです。デメリットとしては費用が少々かかるということでしょう。
電気分解法は、電気メスで切除する方法です。いぼの数が多い場合や、小さないぼだった場合にはレーザー治療よりも適していると思います。しかし、切除痕にシミが残る可能性があります。

市販薬もありますが、なかなか治らなかったり数が多い、また大きないぼクリニックで診てもらうことが一番です。

 
西荻窪のおススメ皮膚科ガイド