皮膚疾患をきれいに完治させるための西荻窪の皮膚科を教えます!

じんましん

じんましん(蕁麻疹)とは皮膚の表面が何らかの刺激により突然赤く腫れ、大小様々なブツブツやかゆみを伴う症状のことを言います。

症状と種類は?

出方はいろいろあるようですが、わかりやすく表現すると、蚊に刺された時のように皮膚が脹れ、強いかゆみを伴い短時間で広い範囲に広がっていくものです。

数時間程度で跡形も無く消えるじんましんは「急性じんましん」と呼ばれますが、なかなかブツブツが消えず、消えるまでに一ヶ月以上かかるような場合は、「慢性じんましん」といいます。
また、原因によってアレルギー性じんましんと非アレルギー性じんましんに分類されます。具体的にその種類について調べてみますと、

  • じんましんの種類は?アレルギー性じんましん
  • 心因性じんましん
  • 機械性じんましん
  • コリン性じんましん
  • 寒冷じんましん
  • 温熱じんましん
  • 日光じんましん

などが挙げられます。一番身近なのはアレルギー性じんましんで、食べ物を摂取した際にアレルギー反応が起きる場合などがこれに当てはまります。

処方される薬

処方される薬は?食物アレルギーによるじんましんの場合は、ステロイドの内服薬を処方されますが、それ以外の急性じんましんの場合は抗ヒスタミン薬を内服するのが一般的です。
※「抗ヒスタミン薬」…じんましんの原因物質である「ヒスタミン」を出しにくくし、出てきたヒスタミンも血管に行き届かないように抑止する薬。

一方で慢性じんましんの場合は治療時間がかかるため、数種類の薬を併用しながら治療することもあります。
内服液を処方されることがほとんどですが、じんましんの痒みが強く、皮膚をかいてしまうような場合には、ステロイド外用薬を処方してもらい、塗布することもあります。

 
西荻窪のおススメ皮膚科ガイド