皮膚疾患をきれいに完治させるための西荻窪の皮膚科を教えます!

西荻窪で評判の皮膚科医が注目!EBM、NBMについて

最近ではアトピーや皮膚炎など、肌のトラブルに悩む人が多く見られます。

従来は医師の経験や知識に基づいた治療が主でしたが、近年ではEBM,NBMを用いた治療が主流になってきています。

EBM,NBMとは何かを解説し、それを用いることにどんなメリットがあるのか。

そして、西荻窪でEBM,NBMを用いているおすすめの皮膚科を紹介します。

根拠に基づく治療

EBMはエビデンスに基づく治療

EBMはEvidence Based Medicineの頭文字を取ったもので、日本では「根拠に基づく医療」と訳されます。これまでの皮膚科をはじめとした治療方法は医師の医学的知識や経験に基づいて行われていましたが、EBMは疫学的に研究、証明されたもの「科学的根拠(エビデンス)」を重視した上で、患者に最も適した医療を行おうという考え方です。患者中心の医療を実現するための概念として世界中に広がっています。

患者の背景に目を向けた治療

NBMは「物語と対話に基づく医療」

EBMの後になって提唱されたのがNBMです。NBMはNarrative Based Medicineの頭文字を取ったもので、日本では「物語と対話に基づく医療」と訳されます。

医師は病気だけではなく、患者の背景や人間関係を理解し、患者の抱える問題を身体的、精神的、心理的、社会的にアプローチしていこうという考え方で、「科学的根拠(エビデンス)」が必ずしも全ての患者にあてはまる唯一の方法ではないことを前提とし、治療方針の決定には、患者の主観的な主張を尊重するというものです。

EBMとNBMが患者にもたらすメリットとは

EBMとNBMは患者と医療のズレをなくす

これまでの治療はあくまで医師の経験や知識に基づいたものでしたので、その人に本当に合った治療なのかという観点で疑問符がつくものでした。しかし、EBMとNBMを用いることは、科学的根拠の面からその人に合った治療方法が選択されることはもちろんのこと、患者の背景や人間関係にも目を向けることから、これまで生じていた医師と患者の間のズレを失くすことができます。

つまり病院を選択する際、EBMとNBMに重点を置いた所を選択することによって、より自分に合った治療方法を選択できます。

西荻窪のおすすめ皮膚科

常に患者目線に立つ西荻クリニック

院長である太田栄一氏はお客様一人ひとりとの対話を重視されている方で、西荻窪の地域に密着した医院づくりに尽力されています。その姿勢は「病院に入りにくい」「病院・医師が怖い」といった患者心理を汲み取り、明るい待合室とゆったりとしたスペースを設ける他、診療の前の緊張を少しでもほぐすことができればと、中待合に熱帯魚を置くなど、常に患者目線に立っていることが伺えます。

主に湿疹、帯状疱疹、ヘルペス、イボなどの皮膚病の治療をされています。アットホームな雰囲気で、気軽に相談に行けるところですので、おすすめです。

【西荻クリニック】

住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-5-13
電話番号 03-3399-0434
サイトURL http://www.nishiogi-c.com/index.html

ふるや皮フ科は一番のおすすめ

日本でも数少ない「皮膚科専門医」の資格をもつ古谷勉氏が院長を務めるクリニックで、科学的根拠に基づいた治療はもちろんのこと、湿布の貼り方から薬の塗り方まで懇切丁寧に教えて下さり、患者に寄り添った治療をされています。また、セカンドオピニオンを推奨されており、患者に納得して頂いた上での治療に重点を置いています。電話での問い合わせにも丁寧に対応されており、おすすめです。

【ふるや皮フ科】

住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-32-12 西荻クリニックファーム1階
電話番号 03-6913-7741
サイトURL http://www.furuyahifuka.jp/index.html

今回はEBMとNBMについて紹介し、それに基づいた治療をされている西荻窪のクリニックを紹介しました。納得のいく治療がお望みでしたら、EBMとNBMに重きを置いたクリニックを選ぶようにしましょう。

 
西荻窪のおススメ皮膚科ガイド