皮膚疾患をきれいに完治させるための西荻窪の皮膚科を教えます!

皮膚科と形成外科の違いは?どちらに行くべき?【西荻窪】

皮膚科と形成外科は似ているようですが、治療出来る症状や方法、費用などが異なりますので症状や目的に合わせて通院する科を選ぶ必要があります。

皮膚科とは?

皮膚科は皮膚の病気や症状の治療を行なっており、塗り薬や飲み薬などの処方が中心ですが必要であれば簡単な外科手術なども行います。

ただし、ほとんどの皮膚科は大掛かりな外科手術やレーザー治療には対応していません。

保険適用される所がほとんどです。

こんなときは皮膚科へ!

皮膚の病気を専門に治療するのが皮膚科です。アトピー性皮膚炎やうおのめ、水虫などの皮膚や爪のトラブルを一刻も早く解決したい場合は皮膚科を受診しましょう。

形成外科とは?

形成外科では、筋肉や神経、関節、筋、骨など運動に関わる器官の疾患やケガを治療します。皮膚科同様、保険適用されることがほとんどです。

こんなときは形成外科へ!

先天性の関節や骨の変形、年齢に伴う関節痛、捻挫、骨折、打撲、脱臼、擦り傷、切り傷といった事故などによるケガなど幅広く対応しています。

リウマチによる関節や骨の変形を治療する「リウマチ外科」やスポーツによる疾患を集中的に治療する「スポーツ外科」、膝関節の疾患やケガを治療するための「膝関節外科」といったように、疾患や器官により細かく分かれていることもあります。

形成外科ではリハビリなど外科手術を行わない温存療法なども行いますが、本来体が持つ機能を回復することを目的とした再建手術を行うことがあります。

自分の症状に合った適切な科を受診しよう

病院によって装備している治療器具や治療方針が異なりますので、受診する前にホームページなどでチェックすることをおすすめします。

皮膚科、形成外科いずれも医師の腕により治療に要する時間や費用が異なりますので、口コミやレビューなども参考にあなたにピッタリ合った病院を見つけましょう。

 
西荻窪のおススメ皮膚科ガイド